ミシン刺繍の置き縫いを使って、ドングリをシャツ一面に刺繍する方法

皆さんこんにちは、ラブキモノ刺繍です☆
ミシン刺繍の刺繍データをダウンロードできる、オンラインショップを運営しています。
( 刺繍データーを USBにコピーして、 刺繍ミシンに読み込むだけ。 刺しゅうカードと同じように、簡単にすぐに刺繍ができます♪)

今日はどんぐりコロコロ、置き縫い刺繍の方法です。
白い綿シャツのお下がりをもらったので、リス(刺繍ワッペン)とドングリを刺繍してみました(^^

同じ刺繍を何個も刺しゅうするには、置き縫いが便利

ドングリをシャツ一面に刺繍する方法は、置き縫いを使いました。
置き縫いの良いところは、いちいち刺繍枠にシャツをはめなおす必要がないので、楽に刺繍できます。
特にドングリは小さいので、超簡単!

1、刺繍枠に置き縫い用のシートになるものを張る

置き縫い用には、置き縫いシートが販売されています。
けれどもなくても大丈夫、いろんな物で代用できます。

  • 宅配の荷物を包んである厚めのしっかりした紙袋の紙
  • しっかりしていて伸びないビニールなどなど

ホント、いろんなもので代用できるので、またボチボチ刺繍したときに記事をかいていきますね。

今回わたしが使ったのは、分厚いビニール。
クロスカバーとかにも使えるもの。
これね、でも、ちょっと分厚すぎて失敗でした(^^;
刺繍する時に、すべりが悪くてミシンがギシギシ…。
シリコンスプレー(スベリを良くするスプレー)をかけて、その場をしのぎましたが、分厚すぎるビニールは要注意です(^^;

いつもよく使うのは、こんな感じのビニール。
適度にハリがあって、伸びません。
以前ゴミ収集のビニール袋を使ったことがありますが、あれだとちょっと薄すぎてダメだった。
いろいろ試してみてください(笑

2、置き縫い用シート(今回はビニール)に刺繍をして切り抜く

刺繍枠にビニールをはります。
刺繍枠の隅にみえている物は、滑り止めです。
滑り止めがあると、シート(ビニール)が動きにくいのでおススメです。

☆すべり止めについてはこちらの記事もどうぞ
【縫いずれをふせぐ】刺繍枠への滑り止めの作り方&使い方(100均のすべり止めシート)

刺しゅうしたいのは、どんぐり。
ドングリを通常通り、シートに刺しゅうします。

刺しゅうできたら、そのドングリ部分をカッターなどできり抜きます。
(ドングリ、今は横向きですが、縦とか斜めとかにも刺しゅうすることを思い出し、後でこのくり抜き部分をもう少し大きくカットしました。)

この穴のあいた部分に毎回刺繍されるので、刺繍したい 生地をのせて刺繍、また別の生地をのせては刺繍を繰り返します(^^

3、両面テープをはる

切り抜いた穴の四隅に、両面テープをはります。
私は「20㎜の置き縫い刺繍用の両面テープ」を使っていますが、別の両面テープでも代用できます。
これで、刺繍枠の下準備は完成です。

4、刺繍用安定紙(下紙・接着芯)をシャツの裏面にはりつける

今回は綿シャツにドングリを散らばるように配置したかったので、シャツ裏面に刺しゅう用安定紙(下紙・接着芯)をアイロン接着しました。
刺繍後に剥がせる安定紙です。
これですべての準備が整ったので、後は刺繍するだけです。

☆刺しゅう用安定紙(下紙・接着芯)についてはこちらもどうぞ
ミシン刺繍で刺繍下紙に迷ったら?私はこの二つのみ!でいろんな布へ刺繍します

5、お好きな位置に刺繍をしていくだけ♪

ドングリコロコロ、シャツに思いつくままの位置に適当に刺繍しましたので、楽ちん~♪
どんぐりの向きは、毎回ミシンの操作パネルで斜めにしたり、横にしたり(適当に^^)して、刺繍していきました。
刺しゅうできたら、シャツの裏にはった刺繍用安定紙(下紙)を剥がします。

6、リスちゃんをアイロン接着する

リスちゃんは、ポケット部分に配置したかったので、刺繍ワッペンにしてアイロン接着しました。

白い綿シャツへの刺繍の出来上がり~♪

白い綿シャツで2歳の息子が男前に!?

2歳の息子に白いシャツを着せると、なんだか息子がカッコよく見えた!
襟付きの白い綿シャツ効果!???
すごいです!白い綿シャツ(^^

このシャツの後ろ側には、リスと花も刺しゅうしました。
そちらは次回ご紹介しますね。

置き縫い刺繍、よかったら参考にしてください☆

「シンデレラ・デザインセット」(商用利用OK)の刺繍データダウンロードはこちら

「シンデレラ・デザインセット」(商用利用OK)のCD版のショップはこちら

商用利用OKの「あいうえお刺繍」CD(限定100枚)オンラインショップはこちら

500円ポッキリ!ワンコイン・デザインPackの刺繍データ(会員価格は400円)はこちら

2019年10月18日 | Posted in 置き縫いの方法 | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA