toggle
2020-09-03

置き縫い刺繍でクッションカバーを再利用♪

3coins(300円ショップ)で、ずいぶん前に購入したフリル付きのクッションカバー。
立体蝶々の刺繍をつけて、お部屋で使っていました。

その時の記事はこちら↓
300円のクッションカバーが高見えに♪立体刺繍の蝶々が大活躍

そろそろ新しいクッションカバーにしたくなり、新しいカバーを購入。
お古のカバー、可愛いのでこのままサヨナラするのは、ちょっぴりさみしい…。
まだ何かに使えるなぁ~と考えて、お花と一緒に楽しむことにしました。

刺繍データーを組み合わせて置き縫い刺繍

3coins(300円ショップ)の、クッションカバー。
生地は薄めですが、ピンク色とフリルが可愛かった(^^

下準備:刺繍データーを組み合わせました

ワンコイン刺繍データーで販売している、アルファベットとバラの刺繍をレイアウト。
刺繍ソフトで、レイアウトしました。
ソフトを使わずとも、だいたいの機種ではミシンの液晶画面上でもできるはずです。

ちなみに、SHは私の頭文字、イニシャル刺繍(^^

置き縫いで刺繍しました

ミシン刺繍用安定紙を、刺繍枠にはめます。
その上に、生地を置く。
そして待ち針を打って(刺繍する時に針があたらない位置に)、生地がずれないようしました。

刺繍ミシンにセットして、刺繍しました。
小さい刺しゅうなので、簡単にできた(^^

薔薇の花びらの刺繍は、段染めの刺しゅう糸を使いました。

お花と刺繍した生地を飾ります

日ごろ使っている、カゴバック。
花瓶にも早変わりする(^^

お花用の吸水スポンジ(100均でも買えます)を、ビニールでくるんでカゴバックにいれます。
ピンクの生地(もとはクッションカバー)をカゴバックの中にいれて、刺繍がみえるようにセッティング。

あとは吸水スポンジ(フローラルフォーム)に、お花をさすだけです♪
(私の場合お花のセンスはないので、すごい適当に^^;)

カゴバックの生花のアレンジメントが完成

お花のアレンジメントって言っていいものか、ちょっと躊躇していまいましたが…(^^;
お花が苦手な私でも、簡単にできたので良かったです。

クッションカバーの再利用&刺繍データーの組み合わせ。
まぁまぁ、うまいこといったような気がしますが、いかがでしょう?

良かったら、参考にしてください☆

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA