【縫いずれをふせぐ】刺繍枠への滑り止めの作り方&使い方(100均のすべり止めシート)

皆さんこんにちは、ラブキモノ刺繍です☆
刺しゅうミシンで使える、刺繍データーをダウンロードできる、オンラインショップを運営しています。

今日は、オーガンジーを刺繍する時にも必需品!の「滑り止めの作り方&使い方」です。

私のやり方ですが、一例として参考になれば嬉しいです。

刺繍枠の滑り止めってなぜ必要?

ミシン刺繍で、きれいに刺しゅうするために大事なことは、

  • 刺繍枠に生地をピン(布は引っ張りすぎない!!)とはる
  • 刺繍の最中に生地がたわんだりしないように、刺繍枠のネジをきちんとしめる

基本中の基本ですが、すごーく大事。

けれど、 オーガンジーなどの薄い生地、ポリエステルやサテンなどツルツルした生地だと、上記を守っていても、縫いずれ頻発なんてことも…。

そこで、滑り止めが活躍します。
刺繍がぬいずれちゃって、困るわぁ~って方は、「滑り止め」ぜひ一度お試しください。

薄い生地や薄いフェルト、オーガンジー、ツルツル生地などに、出番多しです。

刺繍枠への布のはめ方は、こちらも参考にして下さい。
E-刺繍工房、畔柳先生執筆の「つくる窓口:刺繍の連載コラム記事」
連載コラム・刺繍な生活:ミシン刺繍初心者の枠はめ注意点

すべり止めの作り方&使い方(ひと手間をかける&かけないバージョンの2通り)

刺繍枠にはめる「すべり止め」は、滑り止めシートを使います。
ダイソーやセリアなどの100均で買えますし、ホームセンターなどでも購入できます。

今回作る「すべり止め」は、10㎝×10cm用の枠や、それより少し大きい枠用でも重宝します。

その1、ひと手間をかけるバージョン

すべり止めシートを、8cm×10cm位にカットします。

大きさは、自分で使いやすいようにカットすれば良いです。
失敗しても、またカットすればよいだけなので気軽です(^^

刺繍枠の上に、生地をおきます。
※家庭用ミシンの場合は、刺繍枠の外枠の上に布をおきます。

私が使っているのは、業務用刺しゅうミシンなので、刺繍枠にはめた布を下側にたらします。
家庭用刺繍ミシンの場合は、刺繍枠にはめた布が上側にきます。
刺繍枠の外枠に布をおく、滑り止めシートをおく、内枠をはめる順番です。

家庭用ミシンでは、上記写真と刺繍枠の外枠・内枠が、反対になるのでご注意ください。

刺繍枠の上にのせた、生地の上に「すべり止めシート」をおく。

その上から刺繍枠を、押し込んではめる。

シワやタルミがないように布をのばしておいて、刺繍枠をはめこむことです。

布を枠にはめこんだら、布をあまりひっぱったりしないで済むように、枠はをはめる時は注意してはめます。
もし布がたるんでいるなと思ったら、刺繍枠を外してから、再度はめなおします。

枠が上手にはまったら、「すべり止めシート」をマスキングテープでとめます。
このマスキングテープをとめる、のがひと手間です(笑

マスキングテープのとめ方は、適当です。
とにかく刺繍面に「すべり止めシート」が邪魔しなければ、OKです。

「すべり止め」ひと手間かけるバージョンでした。
簡単ですね。

そしてですね、私はこのマスキングテープのひと手間が面倒なので、さらに小さめに切った「すべり止めシート」を使っています(笑

その2、ひと手間かけたくないよバージョン

スベリ止めシートを、5cm×12cm位にカットします。

布の上にこんな風に、滑り止めをおきます。

枠を上からはめ込みます。

「すべり止めシート」この大きさなら、刺繍面にでてきません~(笑
でもちょっぴりコツがいるので、時々失敗して、枠をはめなおすこともあります。
(↑手間をかけないつもりが、反対に余計な手間をかけている!?)

すべり止めを使って、縫いずれを防ぐ。
簡単にできるので、ぜひやってみてください♪

「シンデレラ・デザインセット」(商用利用OK)の刺繍データダウンロードはこちら

「シンデレラ・デザインセット」(商用利用OK)のCD版のショップはこちら

商用利用OKの「あいうえお刺繍」CD(限定100枚)オンラインショップはこちら

500円ポッキリ!ワンコイン・デザインPackの刺繍データ(会員価格は400円)はこちら

2019年03月30日 | Posted in 資材について(糸・道具・安定紙など) | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA