toggle
2020-10-07

ワッペンシートはいつ使う?刺繍ワッペンの作り方

ハンドメイドが大好きな方のお役立ち情報になればと、ミシン刺繍の方法や、刺繍ミシンの資材のことなどを主に発信しています♪

みなさん、こんにちは「ラブキモノ刺繍」です。
10月になりハロウィンのマスクチャームと刺繍ワッペンを、はりきって作っています(^^

刺繍ワッペンの基本的な作り方は同じですが、生地として使える資材はいろいろあります。
その中で、今日はワッペンシートについて書きたいと思います。

刺繍に使う資材ワッペンシートの使い方♪

ワッペンシートは、生地の役目として使います。
分厚くなくて、でも少しハリがあってヒートカットできます♪

オーガンジー生地もヒートカットできるので、ワッペンシートがない方はオーガンジー生地で代用できます。

ではなぜオーガンジー生地だけに絞らず、ワッペンシートを使うのか?
私の場合は、やっぱり一番は扱いやすいからかな(^^
ワッペンシートはオーガンジーみたいにツルツルすべることもないし、刺繍枠にもはめやすいです。
コスト面でも、こちらの方が安いと思います。

ワッペンシートの刺繍枠へのはめ方

はめ方というほどでもないですが…。
ワッペンシート1枚を、生地をはめる時とおなじように、刺繍枠にセッティングするだけ。
ミシン刺繍用の下紙(接着芯・安定紙)も、使っていません。

刺繍枠にセッティングしたら、後は刺しゅう機で刺繍するだけ。

ワッペンシートに刺繍したところ。
どんだけ作るの!?ってくらい、刺繍しています(笑

ワッペンシートに向いていない、刺繍デザインと使い分けの方法

刺繍ワッペンを作るときに、私がよく使っている生地は3種類あります。

  1. フェルト
  2. ワッペンシート
  3. オーガンジー生地やチュール生地

(〇)ワッペンシートにむいている刺繍デザイン

ワッペンシートに向いているデザイン
全面が刺繍で、おおわれているデザイン。

(×)ワッペンシートにむいていない刺繍デザイン

刺繍面が中抜きになっていたり、縁取りの隙間があるデザインには、私はワッペンシートを使わないようにしています。

なぜかというと、隙間にワッペンシートがみえちゃうと、カッコ悪い気がするから(^^
それに何回も洗濯すると、ワッペンシートが破れてしまうかもしれないし。

ワッペンシートじゃない時は、何使う?

フェルト(ポリエステル素材)に刺繍する。
(ヒートカットできる刺繍用下紙を、フェルトにアイロン接着してから刺繍しています)

フェルトの色を替えてもかわいい。
ヒートカットもできます。

オーガンジー生地に刺繍する。
(刺繍用下紙は使っていません。オーガンジーは2枚重ねました)

猫の羽の部分も、オーガンジー生地ならデザインの一部として見れるので、カッコ悪くない(^^
もちろんヒートカットもできます。

その他にも、エンブクロスというワッペン用の生地、サテン生地なども使えます。
両方とも、ヒートカットができます。

フェルトとワッペンシート、刺繍ワッペン出来上がりの厚さの違い

左がフェルトに刺繍
右がワッペンシートに刺繍
両方とも、刺繍ワッペンです。

上がフェルトに刺繍。
下がワッペンシートnい刺繍。

厚さがずいぶん違います。
硬さもワッペンシートへ刺繍した方が、柔らかく仕上がります。

このあたりは好みで、使い分けるといいと思います。

※100均のフェルトは少し注意してください。ヒートカットがきれいに出来ないです…。

ワッペンシートへ刺繍できたら、次は熱接着フィルムを裏側にはって、ヒートカットして刺繍ワッペンが完成します。

今日は刺繍ワッペンを作る時に、生地の代わりに使うワッペンシートについて、書いてみました。

他にも刺繍ワッペンを作るうえで、気を付けていることや、気づいたことなどがあったので、また書きますね。

良かったら参考にしてください☆

関連記事:【【ワッペン作り】刺繍ワッペン(アイロン接着ワッペン)の作り方を説明します

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA