toggle
2021-03-25

業務用刺繍ミシンでも〇〇はすごーく大事です!

ハンドメイドが大好きな方へ、ミシン刺しゅうの方法や、刺しゅうミシンの資材のことなどを発信しています♪
みなさん、こんにちは「ラブキモノ刺繍」です。

今週の土曜日に、娘の保育園の卒園式があります。
そのあと謝恩会があるので、娘の服と息子のネクタイに刺しゅうをするつもりだったんですが…。
まだやっていなくて…(^^;

小学校の時の宿題の時と何も変わっていないな、わたし。
夏休みの宿題は始業式の前の日に、泣きながらやっていたような記憶がよみがえります…(^^;

なんとか土曜日には間に合わせれるように、がんばります♪

刺繍糸に何かが足りないのですが…さて何でしょう?

上の画像は何かがたりないのですか、さて何でしょう?





それは~(笑



糸コマ押さえ♪
です(^^

業務用刺繍ミシンで小さい刺繍糸を使う場合は必須

家庭用刺繍ミシンで糸を使う場合、ぜったいに糸コマ押さえを使うのは必須ですよね?

業務用刺繍ミシンで刺繍糸を使う場合は、2000mとか5000mとかの大巻の糸を使うことが多くなります。

でもたまには家庭用刺繍ミシンで使う小さい糸も使う場合、ありますよね?

そんな時は、糸コマ押さえ☆
これ、ぜったい使った方がいいです~。

糸コマ押さえをつけていないと、どうなるか?

よくあるのは、糸端をひっかける溝に糸が引っかかって、糸のテンション(糸調子)がおかしくなってミシンが停止する。

小さい糸コマを使った場合に、ミシンが停止することがある時は、ぜひ糸コマ押さえ使ってみてください。

家庭用刺繍ミシンで刺繍する場合は、なおさら糸コマ押さえは重要です☆
テンション(糸調子)狂うと、きれいに刺繍できないし、下糸と上糸がからまって停止したりします。


糸替えが多いと、糸を替えて都度糸コマ押さえつけるのは面倒ですが…(^^;
もうこれは、癖つけるしかありません(笑

今日は見た目は地味な糸コマ押さえ。
でもなくちゃめっちゃ困る、糸コマ押さえのお話しでした~。

良かったら参考にしてください☆

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA