toggle
2021-02-25

お名前刺繍ワッペンの糸始末☆おすすめ糸切りハサミはこれ♪

ハンドメイドが大好きな方へ、ミシン刺しゅうの方法や、刺しゅうミシンの資材のことなどを発信しています♪
みなさん、こんにちは「ラブキモノ刺繍」です。

前回書いた「プロとアマの違いってなんだ?刺繍ワッペンの作りにみる糸始末」の記事を読んだお客様から、お名前刺繍の糸始末がやりにくいですーー(涙
「ハサミってどんなの使っていますか?」というご質問がありました。

ムフフ。よくぞ聞いてくれましたー!
実はわたくし、結構ハサミ好きなんです(^^

今日は最近買ったハサミも含めて、ミシン刺繍の糸始末の時に使っているハサミについて、書いてみたいと思います。

手芸はさみの値段ってピンキリ!どれ買えばいいの?

そう。。。
ハサミの値段って、ピンからキリまでありまして…。
迷いますよね…。

私は昔「糸切りハサミなんて安いのでいいわよ~!ちゃんと切れるし。」と思って、680円位の握りハサミを使っていました。

ですが10年ほど前に習っていた和裁で、先生が使っている糸切りハサミに驚愕!!!
めっちゃ使いやすくて、切れ味抜群!
高いはさみって、すごいわぁ!って、初めて知りました。

でもよくよく考えたら、先生はそのハサミを40年くらい使っていました(^^
有名な老舗のはさみ店なので廃業しないでしょうし、はさみ研ぎもずっとやってもらえます。

そう考えると、実はとってもお得な買い物だと思います。
高品質で切れ味がよく使いやすいし、毎日がストレスフリーだからです。

私のハサミに対する向き合い方が、大きく変わった出来事でした。

ミシン刺しゅうで使う私の愛用ハサミはこれ♪

何個かハサミをもっているのですが、その中でミシン刺繍の糸始末にいいなと思う、お手頃価格な物からちょっとお高めまでご紹介します。

ミササ スプリングシザース

持ち手のところは、バネになっていて力を入れずにきれます。
お手頃なお値段で、刺繍の渡り糸を切るには使いやすいです。

ギンガーはさみ(Gingher 4インチ)

ギンガーは、アメリカの老舗ハサミメーカーです。
先っぽがすごくとがっていて、使いやすいです。
アメリカのミシン刺しゅう愛好家から、絶大な人気があります。
(Gingher 4 Inch Large Handle Embroidery Scissors)

メゾンサジュー・ハサミ(Maison SAJOU)

サジューは、フランスの老舗手芸ブランドです。
この写真の白いハサミが欲しくて、欲しくて。
買ったときは、すごく嬉しかったのを覚えています。

おしゃれなので、刺繍サンプルの商品写真をとる時にもよく登場させています。
日頃はあまり使っていません。
お気にいりすぎて使えない(笑

そしてこのハサミ、実はおしゃれなだけじゃなくて、すごくよく切れます。
先端もぴったりと合っていて、実用面でもとっても信頼のできるハサミです。

男性の皆様、手芸好きな奥さまや彼女へのプレゼント。
サジューのハサミはおしゃれなので、ぜったい喜ばれると思います(^^

ナス印 糸切りばさみ(105㎜)

この糸切りハサミは、日常使いしているハサミです。
刺繍の上糸の始末は、このはさみを主に使っています。
握りハサミともいうのですが、手にフィットして大きさも丁度よくてお気に入りです(^^

お値段もお手頃で、とても良いハサミです。
まず初めに買うなら、このはさみを購入して間違いないと思います!
10年ちょっと使っていますが、未だに切れ味抜群です。
(糸以外の布や紙などは、ぜったいに切らないようにして使っています^^)

菊一文字(極上手造 和鋏(長刃) 105mm)

大トリは、菊一文字。
和裁を習っていた時の先生が、菊一文字の握りハサミでした。
それからこのはさみが、ずぅ~~~っと欲しくて、欲しくて。
今年、やっと買いました!
(めっちゃ高くて、500円貯金して買いました^^)
きゃぁ~、嬉しいですぅー!

菊一文字は、京都の老舗刃物店です。
購入したハサミは、ずっと研ぎに出せます。

菊一文字は、刃がナス印に比べて長いです。

ミシン刺繍の渡り糸を切るのに、抜群の威力を発揮します。
すごいです、このはさみ!
使いやすいし、切れ味抜群だし、最高ですー!

わたしが、死ぬまでずっと使います!!!
あぁー、幸せ、いい買い物したな、わたし。

ちょっとマニアックなハサミの話題でした(^^;
良かったら、参考にしてください☆

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA