刺繍の大きさ(サイズ感)って気になりませんか?

1円玉とアンティーク椅子の刺繍が並んでいる

「大きさが違う2種類」の刺しゅうを作っています。
すると今度は、どんな風に写真でみせると大きさが理解できるのかが、気になってきました。
刺繍データの大きさはタテ20㎜×ヨコ20㎜とかで記してはいますが、ぱっと目で見て理解できる方が、いいかなぁと。

ラブキモノ刺繍データ・ダウンロードオンラインショップで販売するデータは、品物に直接刺しゅうした作品画像などを載せていません。
刺繍データのサンプル画像、そのものを載せています。

前からちょっと気になっていましたが、これって刺繍の大きさ(サイズ感)ってまったく分からないですよね?
でも刺繍の大きさが分かれば「バックのあそこの部分に刺繍してみよう」とか、「赤ちゃんのスタイにいいかも~」など想像力がさらに膨らむと思うのです。

そこでどのようにすれば、サイズ感を写真で表現できるのか、考えてみました。

刺繍のサイズ感表現、第一候補!

紫とピンクと黒の椅子刺繍と1円玉が並んでいる

一円玉と一緒に写真を撮る。
(↑一円硬貨。ピカピカ新品1円玉みたいに、キレイにした方がいいですよね?)

この1円硬貨を使った、大きさ表現写真の問題点。
『ちょっと、ダサい商品写真になっちゃう???』

シンデレラ刺繍セットと1円硬貨の写真って、ねぇ…。
エレガントなパーティの世界なのに、ねぇ…。

そんな葛藤もありましたが、私的には「ぱっと見てすぐ分かる!」ということで、第1候補に決定。

刺繍のサイズ感表現、第二候補!

定規と紫とピンクの椅子刺繍が並ぶ

これ、他のみなさんもよく使っている、定規を使った表現。
これも、中々捨てがたいのだよなぁー。
一円玉の表現より、かっこいい気もするし(笑

なんだか、サイズ感の表現で悩みまくり…。
こりゃ、いかん。

ということで、二つ写真を撮っておいて、ふたつとも載せる。
ということに、とりあえずしよう!と思ったら、気分が落ち着きました(笑。

皆さんは、どちらがお好みですか???

商用利用OKの「あいうえお刺繍」CD(限定100枚)オンラインショップはこちら

ラブキモノ刺繍データ(商用利用OK)のミシン刺繍データはこちら

2018年04月09日 | Posted in 制作日記 | | 2 Comments » 

関連記事

コメント2件

  • シドニーK より:

    ラブキモノ刺繍さま、
    1円玉パット見てサイズが分かりやすいですね。
    私の好みは、定規でサイズが見れるほうが嬉しいです。

    • ラブキモノ刺繍 より:

      定規でサイズ!
      そうですよね。やっぱりいりますよね!
      二つとも写真を載せるようにします♪

      一人だけで考えていると、答えがでなくて…(^^;
      とっても参考になります。
      ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA