「大きさ違いの2種類」の刺繍データを制作中です

ピンクの持ち手と赤いリボンの手鏡の刺繍

「刺繍データを拡大・縮小できますか?」のお声に応えようと、刺繍データの大きさを2種類用意するべく頑張っています。
【「刺繍データの拡大・縮小はできますか?」の記事はこちら】

2種類の刺繍データを用意する。
「拡大・縮小して縫うだけでしょ?」と思われる方もいるかもしれません。
が、しかし、実はちょっと面倒なのです…。

刺繍データを縮小・拡大する時に悩むこと

赤いリボンとピンクの柄の刺繍

(リボン(小さいサイズ)をスタンプ機能を使って、作り直しました)

最初のオリジナル刺繍データのほかに、ちょびっとそれより小さいor大きいサイズを作っています。

小さめにリサイズする時は『刺繍がつぶれてきれいに見えなくなる!』時が多々あります…。
そんな時は再度、その部分の刺繍データをもう一度作り直します。
この作り直しが、また悩むのです。。。
刺繍データをどう作り直したら、小さい刺繍でもきれいに刺しゅうできるのか。

今回も出来上がった「手鏡」を縮小(リサイズ)した後、確認のため試し縫いをしたら、赤いリボンの刺繍がつぶれてキレイじゃない!!
うーん、、、。やっぱり小さい刺しゅう難しいですぅ…。

小さめ手鏡の方は、赤いリボンのところをスタンプ機能を使って、作り直しました。
そして、試し縫いを数度繰り返し、やっと小さめ刺繍も出来上がりました。

私は「なぜに2種類のデータを頑張って作ります~」なんて、ラブキモノ刺繍の公式サイトで言っちゃたかな~と思いながら、刺繍を完成させました(^^;

刺繍データを元データから、少し大きくする時に気を付けていること

手鏡の刺繍データが二つ並んでいる

例えば、サテン縫いの部分。
刺繍データが大きくなった分、サテン縫いのふり幅も大きくなる。
このふり幅だと、ミシンも大変だし、キレイに縫うのきびしいかなぁ~。
そんな時はタタミ縫いに変更して、サテンぬいっぽくみえる(E刺繍工房のミシン刺繍レッスンで、習えます♪)ように設定を工夫したり。

キャンドルウィックも、大きいサイズに変更します。
キャンドルウィックは拡大・縮小には特に向いていませんので、要注意です~。
小さくすると、裏側で糸がゴワゴワ、拡大するとスカスカでいけていない刺繍になります…。

そして最大の難関は、刺繍を大きくした場合、刺しゅうの試し縫いの時間が長くなる!!
これは、大問題です(笑。
刺繍データの「シンデレラデザインセット」の完成が遅くなるじゃん!

家庭用刺繍ミシンで縫う場合も、タタミ縫いの面積が大きくなると、刺繍の縫い時間が長くなるので、それもちょっと心配。
あ、でもこれは、大きなお世話かもしんないですね(^^;
私は結構、ミシンが刺繍データをぬっている所を眺めるは好きなので。
(↑そんなことしてる場合じゃ、にゃーですぞよ。)

いろいろ寄り道をしていますが「大きさの違う刺繍データを2種類」用意する!
なんだか出来そうです!
その方がお客様が楽しんで、刺繍データを使えると思うので、頑張るぞ~。
えい!えい!お~!
(↑運動会でも今どきは言わないかも)

商用利用OKの「あいうえお刺繍」CD(限定100枚)オンラインショップはこちら

ラブキモノ刺繍データ(商用利用OK)のミシン刺繍データはこちら

2018年04月04日 | Posted in 制作日記 | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA