名刺用紙はワッペン販売に役立つと思うんです

ラブキモノ刺繍データ

ラブキモノ刺繍データのブログへようこそ。

0歳息子・3歳娘を子育て中です。まだまだ手がかかりまして、やりたいことがいっぱいの私は時短に興味ありあり。

刺繍ワッペンを100個作るにあたり、どうすれば早く作業ができるかと考えました。そして、たどり着いたのがインクジェット用の名刺用紙を使うことです。

オモテ・ウラ印刷は配布されているソフトを使えばできます。一度データを作ってしまえば応用がきくし、後はプリンターが勝手に印刷してくれる。なんて魅力的なんでしょう(と、勝手にほくそ笑んでました)。用紙をきるのも手で引っ張るだけ。ワッペンを入れるOPPの透明袋は名刺用サイズが使えます。

我ながら良いアイディアを思いついたと思ったんですが、どうでしょうか?

ラブキモノ刺繍データ

ワッペン裏の文章は『刺繍ワッペンを販売する時に使う「ワッペンの使用方法」文章』に書いておりますので、お忙しい皆さんどうぞお使い下さい。

台紙にワッペンを仮止めする際に使える、便利なボンドはワッペンを販売するときに使えるボンドに書いています。こちらも参考にどうぞ。

ワッペン用の台紙作り、ハンコ押すバージョンもやってみたいです。消しゴムハンコも作ってみたい。娘と息子がもう少し大きくなって、時間のやりくりに余裕ができたら、挑戦してみたいなぁ…と思うのでした。

私が使ったのは、こちらの名刺用紙です。

透明のOPP袋はこちらを使いました。

2017年11月22日 | Posted in ハンドメイドのアイディア | タグ: No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA